Google

2006年06月01日

過ちは好む所にあり

過ちは好む所にあり
 失敗は自分の好きなところのことにおいて起きる。
 好きなじょうずなことには油断するから、えてしてよく失敗する。
「河童の川流れ」「猿も木から落ちる」「弘法も筆の誤り」ということわざはそれをいったもの。

過つは人の性、許すは神の心
 To err is human, to forgive divine.
「あやまちは人の常、許すは神の業」とも訳される。
 人間はあやまちを犯しやすく、神はこれを許してくださる。
神は人間に「考える力」を与えた。
人間は考える葦である。
しかし人間は考えるためにかえってあやまつ。(本能で動く動物はあやまちをしない)しかし、人があやまってもなお神はそれを許す。
ギリシャ=ローマのことわざ Humanum est errare.(=To err is human.)より出たもの。

 最近は、子が親を殺すなどという悲惨な事件が頻発しています。
今、人間は動物以下になっていませんか?
それでもなお神は許すのでしょうか???

posted by suzuka at 14:44| Comment(1) | TrackBack(1) | ことわざ あ行 あ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして★
こないだ初めてブログ
を作ったので♪
是非あたしのブログ
にも来て下さいネ●○
ヨロシクです♪
・_・〜〜〜\( \)アアッ…カオガッ!!
Posted by ★★★ at 2006年06月01日 14:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

河童
Excerpt: 河童河童(かっぱ)は、日本の伝説の生物一覧|伝説上の動物。河太郎ともいう。ほぼ日本全国で伝承され、その呼び名も、形状も各地方によって異なる。一般的性質は、川の中に住み、泳ぎが得意で、頭頂部に皿がある事..
Weblog: 神話&神々の研究
Tracked: 2006-06-01 21:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。