Google

2006年05月29日

危うきこと虎の尾を踏むが若し

危うきこと虎の尾を踏むが若し
 尾を踏めば、トラはおこって、その人にかみくつだろう。トラの尾をふむことは危険きわまりないことである。
 そこで、危険この上ないときにたとえていう。
「虎尾を履む(こびをふむ)」「虎の尾を踏む」ともいう。
【出典】
〔書経 君牙篇〕

危うきこと累卵の如し
 そのあぶなっかしいことは、積み重ねた卵のようである。
いつくずれるかも分からない危なっかしいことにたとえる。
「累卵の危うき」ともいう。

過ちては改むるに憚ることなかれ
 まちがいをしたとき、それを改めると、自分の対面とか、威厳とかに傷がつくように恐れるものだが、それを恐れてはならない。
【出典】
 子曰、「過則勿憚改。」〔論語 学而篇〕
posted by suzuka at 10:41| Comment(0) | TrackBack(1) | ことわざ あ行 あ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

カマキリ(小沢氏)が、アメリカ(猫)の虎の尾を踏んだ」?
Excerpt: 小沢さん、「死中活あり 」です!「生活が一番」・「共生の社会」・「海外における武力行使を行わないこと」で、国民の支持を獲得することです。
Weblog: 勝手に応援、桃太郎日記
Tracked: 2007-11-10 00:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。