Google

2006年04月26日

阿堵物

阿堵物(あとぷつ)
 この物。
 「阿堵」というのは六朝時代の俗語で、「この」ということ。
六朝の晋の王衍は銭を卑しいものと考え、「銭」と言ったことがなかった。
そこでかれの妻が「銭」と言わせようとしてかれが寝ているときに銭をかれのベッドのまわりにまき散らして歩けないようにしておいた。
かれは翌朝おきてそれを見ると、下女を呼んで、「この物をすっかりかたづけなさい」と言ってかたづけさせ、どこまでも「銭」と言わなかった。
このことから、「この物」といえば銭のことをいうことになった。
【出典】
〔世説新語 規箴篇上〕

穴があったら入りたい

あばたもえくぼ

あぶない事は怪我のうち
 危険な事はけがの中にはいる。
 危険な事はすでに事故そのものであると、考えるくらいのいき方でいれば、間違いがないという教訓で、結局「君子危うきに近寄らず」と同じ意味になる。
「怪我」は元はあやまち・失敗の意味。

あぶない橋を渡る
 くさって今にも崩れ落ち、踏み抜きそうな木の橋を知りながら危険を冒して渡る。
そのように危険を冒すこと、ことに法にそむいて、警官の目をのがれながら生活するようなことにいう。

「阿堵物」なんて初めて聞きましたが、昔は清廉潔白な人がいたものです。
ちょっとこだわりすぎのように思いますが……。
posted by suzuka at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ あ行 あ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。