Google

2006年06月07日

ありのすさび

ありのすさび
 あること(にまかせてまじめに扱わず、いいかげんにする)のなぐさみ。
『源氏物語』の桐壺の巻の中で、天皇の愛をひとりじめにしてほかの夫人が、死んでから人柄のよさゆえに慕われたというところに引用されている「なくてぞ」という句は、
「あるときはありのすさびににくかりきなくてぞ人は恋しかりける」
という古歌によると言われ、それで有名になっている。

あるが上にもほしがる
 Much will (would, shall) have more.
 人間の欲の際限なさをいう。
ケリーの『ことわざ集』には、
 Mickle would ay have more …. Spoken of the insatiable desire that rich men have after wealth.
(あるが上にも欲しがる。これは金持ちが富を求める貪欲について言ったものである。)とある。
【類】
○Appetite grows with eating.(食欲は食べるにつれて増す。)
○Avarice increases with wealth.(貪欲は富とともに増大する。)
○Avarice is never satisfied.(貪欲は満たされることがない。)
○The more one has, the more he desires.(人は多く持てば持つほどほしがる。)
posted by suzuka at 11:30| Comment(39) | TrackBack(9) | ことわざ あ行 あ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

荒い風にも当てない

荒い風にも当てない
 強い風の吹くとき外へ出して、風に当てるような育て方さえしない。
そのように子どもを大事にすることの形容。

嵐の前の静けさ
 あらしが襲ってくる直前、不思議に風が静まって一瞬不気味な静寂のおとずれることがある。
そのように、人間の社会で大きな紛争・動乱などがおきる直前、底では刻々爆発のためのエネルギーをたくわえ、表面的には薄気味の悪い小康・平穏状態が保たれることにいう。

蟻の思いも天にのぼる
 小さな虫けらであるアリが願っていることも、その気持ちがかなって天に届くことがある。 
 どんなつまらぬ者の一念も、その思いが強く、あくまで実現させようと思い続けていれば、それがかなって望みがとげられるというたとえ。
「蟻の天上(=昇天)」ともいう。
【類】
○ひき(=ガマガエル)の息さえ天にのぼる
○一念天に通ず
○思う念力岩を通ず

最近、子どもの受難が続きますね。出生率が極端に落ち込んでいるというのに。
一体、日本に未来はあるのでしょうか???
posted by suzuka at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ あ行 あ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

過ちは好む所にあり

過ちは好む所にあり
 失敗は自分の好きなところのことにおいて起きる。
 好きなじょうずなことには油断するから、えてしてよく失敗する。
「河童の川流れ」「猿も木から落ちる」「弘法も筆の誤り」ということわざはそれをいったもの。

過つは人の性、許すは神の心
 To err is human, to forgive divine.
「あやまちは人の常、許すは神の業」とも訳される。
 人間はあやまちを犯しやすく、神はこれを許してくださる。
神は人間に「考える力」を与えた。
人間は考える葦である。
しかし人間は考えるためにかえってあやまつ。(本能で動く動物はあやまちをしない)しかし、人があやまってもなお神はそれを許す。
ギリシャ=ローマのことわざ Humanum est errare.(=To err is human.)より出たもの。

 最近は、子が親を殺すなどという悲惨な事件が頻発しています。
今、人間は動物以下になっていませんか?
それでもなお神は許すのでしょうか???

posted by suzuka at 14:44| Comment(1) | TrackBack(1) | ことわざ あ行 あ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。